案件獲得が可能なうちに転職する重要性

エンジニアが独立してフリーランスで働ける期間は、それほど長くはありません。現場の最前線で働けるのは40代前半までと言われていて、30代でも後半になると案件獲得が難しくなることもあります。もちろん、その状況は持ち合わせているスキルや人脈の広さなどで人によって異なり、単純に年齢だけで働けるかどうかを判断することはできません。
要は、常にスキルアップをしてニーズのあるスキルを活用できる状況を維持できれば、かなりの年齢までフリーランスを続けることは可能です。

しかし、いつかは案件獲得が難しくなると覚悟して、晩年まで働ける先に転職することを念頭に置いておくのも大切です。将来性を考えて獲得する案件を選ぶことも重要ですが、むしろ将来性を失わないように転職のタイミングを考慮することが欠かせません。
案件獲得ができなくなったら転職しようと考えてしまうと、晩年になってから従事できる仕事に幻滅してしまうリスクがあります。

基本的には案件獲得ができなくなった時点でIT業界における人材価値はほとんどなくなってしまっており、転職先を見つけるのすら苦労することになりやすいのです。まだ余裕で案件を手に入れられるという状況で転職すると、市場価値が高い人材なので高い待遇で雇ってもらえる可能性が高まります。

いつまでもフリーランスを続けたいと考えていたとしても、引き際をわきまえておくことが将来性を失わないための基本です。晩年までやりがいのある仕事に従事し、十分に収入を得られるようにするためには、そのあたりもしっかり考えておく必要があります。
もしくは、コアなスキルを習得しておくか、人脈を広げて常に仕事が入ってくる状態まで持っていくようにすると、長くフリーランスを続けることができるでしょう。