システムエンジニアの役割と必要スキル

システムエンジニアは、いわゆるIT業界の花形職業として知られています。プロジェクト上では上流工程を担当し、プログラマーへ依頼する分のプログラムの仕様書作成や、プロジェクトチームの管理などが主な業務です。

クライアントへの折衝もシステムエンジニアの大切な業務で、クライアント側がどのようなシステムを必要としていて、何を求めているのかを十分に理解しておく必要があります。このヒアリングを怠ると、後々、プロジェクトチームに多大な影響を及ぼすほどの時間のロスや費用の損害を招いてしまうかもしれません。いかにクライアント側の要望を汲み取り、課題を洗い出し、相手先が納得できるように説明できるかが鍵となります。そのため、システムエンジニアには、ヒアリング力やコミュニケーション能力が求められるのです。

プロジェクトチーム内で問題が起きた場合は、原因を追求し、素早く問題を解決するスキルも欠かせません。納期を遵守するためにも、進捗やスケジュールを常に把握するよう意識し、クライアントからダメ出しがくることを考えても、早めの納品を目指すことが心の余裕に繋がります。

このシステムエンジニアはプログラマーよりも収入が高いため、まずはプログラマーである程度の実績を積んで、ステップアップとして目指すことが多いです。もしも、プログラマーからシステムエンジニアを目指したい場合は、上記で述べたほかにも具体的な目指し方がこちらのサイトに記されているので、チェックしてみることをおすすめします。